【硬度の深度】

e0142357_153551.jpg


祖父も父も旋盤職人で、私が小学低学年の頃迄は自宅に工場があり、鉄まみれな家だった。
父は数年前まで勤めに出てくれていて、職人としての彼の話には興味深いものが沢山ある。

日本の、特に中小企業の職人達が持つ技術力は、世界に誇る高い技術である事はすでに有名な話。
父が十代から関わってきた「金属加工」の分野にも実に高い技術が存在するそうだ。
彼自身もいまだに鉄を触っただけで0.0mm単位の微妙な違いをその手で感じ取る事ができる。
包丁を研がすと恐ろしく切れるものに仕上がる。

「硬度の深度」とでも言おうか、そんな話。

鉄は基本的に固いが、その固さにも色々あるそう。その典型的な例が日本刀だという。

日本刀の刃の部分を見る事はなかなか叶わぬが、日本料理の料理人が使う包丁なら、
少しぐらい目にした事のある方もいると思う。微妙な色のグラデーションが波打っている。

炭素等の配合加減により固さが決まるらしいが、要は表面は固く中にいくに従って柔軟性を持つ事。
しかも中心にいくに従い徐々に柔軟になる事が重要な要素で、それゆえに折れないのだそう。
でなければ武士がチャンバラやるとすぐ折れる。

何かと「柔軟さ」にばかりにフォーカスされ、重宝に語られがちな今の時代、
「固さ」もまたとても大切な要素なのだな〜。なんて、この話を聞いていて想った次第。

写真は我が家の近所にある小さな工場。金属加工場として現役で稼働している様子。

父や母達は真面目にイッパイ働いて、私達を育ててくれた。そして今の時代がある。
この工場の前を通る度、額に汗して働こう!いつも私にそう思わせてくれる素敵な場所です。

因に、ずっと鉄に接してたからか、それとも鹿児島の血がそうさせるのか…。
父もなかなか折れない頑固一徹者です。

本日も沢山の「いいね、コメント、シェア」ありがとうございます!明日が皆様にとって最幸の1日になりますよう。
by kenjiro_pf | 2013-02-28 20:00 | People | Comments(0)


なにわのビリージョエル(Billy Joel) 音楽家 KENJIROのブログ。ビリージョエル全曲カバー、ビリージョエルマラソンにに挑戦中!


by kenjiro_pf

プロフィールを見る

MENU



ビリージョエルマラソン
最新LIVE情報
CD&DVDご購入方法
KENJIRO FB PAGE

最新の記事

「KENJIRO with ..
at 2017-11-01 03:32
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:46
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:42
LIVE@BEAT IN
at 2017-10-03 06:06
【ピアノマンのほろ酔い雑談】..
at 2017-10-02 12:53

カテゴリ

ビリージョエル マラソン
Scenery
LIVE
告知
my angels
Flower
friends
Food
People
Wine
Moon
お散歩
モノ撮り
YouTube
Kids Art
Ustream
Nostalgie
Studio
Shop
つぶやき
Now Playing
iPhone Wall
CM
会話
YAO FRIENDs
紹介

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

タグ