【ホントのトコはどうなのよ?】

久々に毒吐いてみるか。

こんな夜中にこの記事読んでムカついてる。

=政府の債務超過と「踏み倒し」の構図=

今ふうの表現をするなら「盛って」伝えたり「間引いて」伝えたりすることで、あるイメージやムードを作り出す。そして、「嘘ではない範囲で」情報を複雑にし「核」を見えにくくすることで、知識人とそうでない者の情報認識格差を作り出す。

そうすることで、イメージやムード優位の世論に導いていく。

勿論、受け取る側が個々に情報の核を見抜く力を磨き、その努力を続けることは大切だし、それしかない。

しかし情報を精査するだけの知識的基盤も、環境も、時間も持たない多くの人々は、意図的に作り出されたムードに左右させられざるを得ない。

では、その知識的基盤を持たず、時間や余裕を持たない者はどの位いるのだろうか?

例えば私の世代から上の世代。親の介護などの問題を不安として心の隅に抱きながら、日々に追われている。自身も着実に年老いていく事を実感し始める。

老後の不安もなく、家賃やローンの心配もなく、複雑に入り組んだ情報をしっかり精査し得る事の出来る「有権者」と呼ばれる人々。

どのくらいいるのか?

実務を担う大多数のいわゆる「ブルーカラー」と呼ばれる労働者達が国家を、会社を、家族を支えてきたはずだ。それらの大多数の人々が真実に気付き、反乱を起こしたならば、国家は成り立たない。それならば、事の真相を先送りしながら、時間を穏やかに国を運営していく。その感覚は、実に日本的であり、心情としてわからないでもない。

さて、ここからが本題。

少なくとも公共放送であるNHKは、国民から広く集めた資金を元に多様な技術や人員を配し、情報の「精査」「吟味」を最短で行い、発信するプロとして存在しているはずだ。国民の為に有益な情報を迅速に届ける義務を有しているのではなかろうか。「アメリカ型経済至上主義」を基盤とした見えない(見えにくくされた?)力や、ましてや政治的圧力や意図がそこに働くなどということは、とんでもないのである。

関西では「アホ」という言葉は気軽に使う。場面にもよるが、「お前ホンマにアホやな〜」などと表現した場合、時にそこには一種の「親しみ」を含んでいると言っていい。

一方、「アホ」の反対に「カシコ」という表現がある。これは「賢い人」を意味している。ニュアンス的には「勉強が出来て、成績優秀な人」である。

私はアホである。アホでありたいと思っているのかもしれない。なので、私がアホなのは認める。本当の事だから全く腹も立たん。

だが、額に汗して働き、子を育て、懸命に生きる者を騙して暴利を貪るカシコ達の確信犯的行為にはモーレツに腹が立つ!!

もし、この話が本当ならね…。


=政府の債務超過と「踏み倒し」の構図=

デフレ時に無理やり強行した消費税増税にしても、社会福祉の充実たら、債務超過の為の対策だとか言っとるが、

この記事が本当なら、

「国民から巻き上げ、使い込んだ金をその国民に返させる」

ということだよね?

アホがカシコの上を行くのは至難の技だ。じゃ、何ができるのだろう…。

カシコに倫理観、いや、道徳感か…。を高めてもらう為の何かしらの努力はできるかもしれない。無理かな…汗。

いずれにしても、「アホ」にはとてもホネが折れる時代か…。

タンス預金は増えるばかりか…。

ホントのトコはどうなのよ?
by kenjiro_pf | 2014-10-20 03:08 | つぶやき | Comments(0)


なにわのビリージョエル(Billy Joel) 音楽家 KENJIROのブログ。ビリージョエル全曲カバー、ビリージョエルマラソンにに挑戦中!


by kenjiro_pf

プロフィールを見る

MENU



ビリージョエルマラソン
最新LIVE情報
CD&DVDご購入方法
KENJIRO FB PAGE

最新の記事

「KENJIRO with ..
at 2017-11-01 03:32
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:46
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:42
LIVE@BEAT IN
at 2017-10-03 06:06
【ピアノマンのほろ酔い雑談】..
at 2017-10-02 12:53

カテゴリ

ビリージョエル マラソン
Scenery
LIVE
告知
my angels
Flower
friends
Food
People
Wine
Moon
お散歩
モノ撮り
YouTube
Kids Art
Ustream
Nostalgie
Studio
Shop
つぶやき
Now Playing
iPhone Wall
CM
会話
YAO FRIENDs
紹介

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

タグ