IN MY LIFE

ジョンレノンが嫌いだった。

私がもの心ついた頃には仙人みたいな風貌だったし、
声もミャーミャー、ネットリ、「ヘンな声」だな〜って、心底思ってた(笑)

ビートルズは好きだったけどポール派だった。力が抜けてて、音楽を楽しんでるカンジが、好きだったんだ。

20代前半の頃、ベッドミドラー主演の映画「For The Boys」を観に行く。音楽は大好きなDAVE GRUSIN。

当時多くあったベトナム戦争をテーマにした映画で、戦地に慰問に出向く女性歌手が主人公。
兵役に出た息子が居る筈の最前線の地でこの歌を歌う。

スクリーンに映し出される和訳を見ながら、オリジナルとは随分違うアレンジのIN MY LIFE。

心を打たれた。

その日から、当時出演していた北新地のラウンジのピアノの譜面台に歌詞と和訳を並べて置き、毎晩歌った。

ジョンレノン嫌いの青年は、ジョンレノン教に入信した(笑)

ーーーーー
「In My Life」The Beatles

There are places I remember
覚えている場所があるんだ

All my life though some have changed
人生を通してずっと 変わってしまったものもあるけれど

Some forever not for better
永遠に、それ以上ないってくらい残っているものもあれば

Some have gone and some remain
去ってしまったものや 残ったものもある

All these places have their moments
全ての場所にそれぞれの瞬間があって

With lovers and friends I still can recall
それは恋人達や友人との日々で まだ思い出すことができるんだ

Some are dead and some are living
死んでしまったものや 生きているものもあるけれど

In my life I've loved them all
僕の人生で 全部大好きだった

But of all these friends and lovers
けれどそんな友人や恋人の中で

There is no one compares with you
君と比べ物になるくらいの人はいなかった

And these memories lose their meaning
そんな思い出全部 意味が無くなってしまうんだ

When I think of love as something new
愛ってやつを何か新しいものだと考えるとね

Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
僕が過ぎ去ってしまった人々や物に対して 愛情を失うことはないけれど

I know I'll often stop and think about them
たびたび立ち止まって 彼らの事を考えるときはあるのだろうけれど

In my life I love you more
僕の人生において 君を一番愛してる

ーーーーー

20世紀最強の「愛のうた」

出典元
by kenjiro_pf | 2015-06-28 07:55 | Nostalgie | Comments(0)


なにわのビリージョエル(Billy Joel) 音楽家 KENJIROのブログ。ビリージョエル全曲カバー、ビリージョエルマラソンにに挑戦中!


by kenjiro_pf

プロフィールを見る

MENU



ビリージョエルマラソン
最新LIVE情報
CD&DVDご購入方法
KENJIRO FB PAGE

最新の記事

「KENJIRO with ..
at 2017-11-01 03:32
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:46
【 FRIEND SHIP ..
at 2017-10-12 20:42
LIVE@BEAT IN
at 2017-10-03 06:06
【ピアノマンのほろ酔い雑談】..
at 2017-10-02 12:53

カテゴリ

ビリージョエル マラソン
Scenery
LIVE
告知
my angels
Flower
friends
Food
People
Wine
Moon
お散歩
モノ撮り
YouTube
Kids Art
Ustream
Nostalgie
Studio
Shop
つぶやき
Now Playing
iPhone Wall
CM
会話
YAO FRIENDs
紹介

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...

タグ